Augur(REP)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

多くの仮想通貨のシステムには、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーンを利用した契約履行を保証する便利な機能が存在します。

Augurは、そんなスマートコントラクトを生かした予測市場に特化したプラットフォームと言われており、注目を集めています。

今回は、そんなAugurを取引するためのオススメの取引所から、将来性、特徴までまとめて紹介したいと思います。

Augurを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Augurの取り扱いは、残念ながら日本国内の取引所では未だありません。

そのため、海外の取引所で口座開設を行わなければいけないのですが、選択肢は数多く存在します。

大手取引所と呼ばれる企業も数社取り扱いがあり、安全性も考慮するとその大手の中から選択するのが現実的な策でしょう。

取引通貨は多彩で、ビットコイン、イーサリアム、アメリカドル、ユーロ、韓国ウォンなど、取引所によりますが比較的満遍なく利用されています。

Augurを取引するためのオススメの取引所は以下の通りです。

  1. Kraken
  2. Bittrex
  3. Upbit
  4. Poloniex

日本人ユーザーに定評のあるKrakenが最も馴染みやすい

Augurの取引量によるシェアを見てみると、Kraken、Bittrex、Upbitの大手取引所が市場を三分していることがわかります。

その選択肢の中でAugurを取引するとなると、日本人ユーザーにとってKrakenでの取引がオススメです。

Krakenは、十分なAugurの取引量を有しており、対応通貨ペアもメジャーな仮想通貨から法定通貨までカバーしています。

それに加えて、Krakenのプラットフォームやホームページは一部日本語化されており、ユーザーフレンドリーでもあります。

評判や実績も申し分なく、東京地裁によって管財人が任命されているなど、日本ユーザーの取り込みに力を入れています。

Augur(REP)の将来性は?これから価格は上がる?

現時点では、今後のAugurの将来性は高いと予測されますその理由は、以下の2つです。

  1. 保険業界で革命を起こす可能性がある
  2. インデックスファンドの銘柄として採用される
ひとつずつ詳細を説明します。

保険業界で革命を起こす可能性がある

予測市場プラットフォームと呼ばれているAugurですが、その正体はスマートコントラクトを活用した透明性の高い契約履行システムです。

スマートコントラクトは、事前に条件分岐などを設定することでその条件に応じた資金のやり取りが可能です。

Augurのこのシステムを利用することで、既存の保険業界が行なっているような仕組みを代用でき、個人レベルで利用できるようになる可能性があります。

つまり、Augurのプラットフォーム上で簡易的な健康保険や自動車保険などをスマートコントラクトで構築することができるようになるのです。

機能の開発やセキュリティ、実社会への普及など課題はまだまだありますが、社会に有益になるような使い方ができるシステムなのは確かです。

インデックスファンドの銘柄として採用される

インデックスファンドとは、日経225などのインデックスに選ばれる優良企業の株にまとめて投資する目的で構築されるファンドです。

株式投資の世界では、リスク分散と優良企業に一括で投資ができるという観点からメジャーな投資方法となっています。

Augurは、Iconomiという個人投資家向け仮想通貨投資プラットフォームで、Columbus Capitalという仮想通貨のインデックスファンドに採用されました。

ファンドの運営者は、William Mougar氏という仮想通貨業界ではICO専門家として名の知れた人物です。

このファンドは、全部で15種類の仮想通貨から構成され、イーサリアムに20%、ビットコインに10%、Augurには4%の割合で投資されます。

メジャーな安定通貨と比べると割合は少ないですが、Augurは今後の成長が期待される成長銘柄としての位置付けのようです。

Augur(REP)とはどんなコイン?

AugurとREPの関係性

Augurは、予測市場プラットフォーム全体の名称で、開発プロジェクト名でもあります。

それに対してREPはプラットフォーム上での利用が想定される仮想通貨です。

REPは、リップルと間違えられがちですが、英語のReputation=評判という言葉からきている名称です。

ちなみに、Augurは英語で占い師という意味です。

群衆の知恵を生かしたプラットフォーム

群衆の知恵とは、”個人の意見よりも集団の情報を寄せ集めて出す結論の方が正しい傾向にある”という統計学上の特性のことです。

Augurは、個人が予測市場に参加できることを軸に、群衆の知恵の特性を生かしたプラットフォーム構築を目指しています。

時価総額と発行上限数

2018年5月現在でAugurの時価総額は日本円で400億円程度となっており、仮想通貨市場全体で42位の位置につけています。

通貨の発行上限は1100万通貨となっており、リリース時に全ての通貨が発行済みとなっています。

Augurの仕様上、今の所マイニングなどによって通貨発行料が増えていくことは無いようになっています。

Augur(REP)の良い点

スマートコントラクトで柔軟な予測市場ができる

ネットワーク参加者は、イベントと呼ばれるスマートコントラクトを誰でも作成することができ、ユーザーに提供することができます。

イベントは、Binary、Scalar、Categorialの3つの形式から作成します。

Binaryは、和訳で2択という意味で、主にYes、Noで回答できる形式のものです。

例えば、”明日の最高気温は30度以上を観測するか”などがそれに当たります。

Scalarは、将来の出来事を数値で予測する形式で、来年度の癌患者死亡件数などのイベントが該当します。

最後のCategoricalは、分類という意味で、複数の選択肢から予測を選択する形式のイベントです。

例えば、ブックメーカーなどでよくある”今シーズンのプロ野球の優勝チームは”といった類のものです。

ネットワーク参加者は、これら3つの形式を使い分けて、柔軟に様々なイベントを提供するのです

詳細は、ホワイトペーパーにも記載されています。

分散型オラクルで胴元を排除した予測市場プラットフォームとなる

オラクルとは、Augurのプラットフォーム上で作成されたイベントの結果をブロックチェーン上に取り込むためのテクノロジーです。

オラクルには、分散型と集中型があり、分散型オラクルは集中型オラクルに比べて情報の透明性が高いとされています。

集中型オラクルは単一のインプットによってイベントの結果を決定してしまうので、場合によっては不正に弱い仕組みになってしまいます。

その点、分散型オラクルは大勢のネットワーク参加者が結果を担保するので、高い信頼性が期待できます。

Augurはこの分散型オラクルを採用することによって、従来の保険会社やブックメーカーなどが担っていた”胴元”の存在を排除した予測市場プラットフォームの構築を実現しています。

イベントに対して多数のレポーターが結果報告を行う

Augurにはイベントの結果報告を行うレポーターが存在します。

一定のREP通貨を担保としてシステムに預けることで、誰でもレポーターとして結果報告を行うことができます。

レポーターは、正しく結果報告を行うことで仮想通貨でインセンティブを受け取ることができ、反対に間違った結果報告を行うと担保として預けたREPを失うことになります。

結果報告の正しさは多数決のような仕組みになっていて、不正を働くためには半数以上のレポーターと結託し、担保を失うリスクを負う必要があるため、間違った結果報告を行うことは極めて難しくなっています。

Augur(REP)の悪い点

国によっては賭博規制の対象となる可能性もある

Augurは、個人レベルでも利用できる予測市場プラットフォームとして需要を拡大していくことに期待されていますが、その手軽さが仇となる可能性も存在します。

予測市場プラットフォームは、原理原則は保険などと変わらない部分もありますが、個人レベルでも利用できることなどから金融という枠組みよりもギャンブルと見られることもあるようです。

賭博を原則禁止している日本や一切のオンラインギャンブリングを排除しているアメリカなど、国によっては普及が難しいことが予測されます。

Augurの今後の普及には、各国政府との連携や正当な理由での利用、ガバナンスなどの強化が必要になってくるかもしれません。

まとめ

Augurは、分散型オラクルやレポーターといった独自のシステムを構築し、胴元のいない予測市場プラットフォーとしての幅広い利用を目指しています。

個人レベルで利用できる保険会社の代用として期待されている一方、ギャンブルプラットフォームと呼ばれ悪いイメージがつきまとっているのも事実です。

もしAugurに興味があり、投資を検討しているのであれば、今回紹介した情報を中心にじっくり検討してみることをオススメします。