Status(SNT)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨のシステムに利用されるP2Pやブロックチェーンといった技術は、分散型アプリケーション、すなわちDAppsなどにも利用されることがあります。

Statusというブロックチェーンプロジェクトは、このDAppsを最大限に生かしたプラットフォームを構築し、仮想通貨の需要を拡大しようとしています。

今回は、このStatusのオススメの取引所から、特徴、将来性までまとめて紹介したいと思います。

Statusを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Statusは、日本国内では取り扱いがないため、取引するためには海外の取引所の口座が必要となります。

海外の取引所であれば、数多くの大手取引所が取り扱っているので、豊富な選択肢から選ぶことができます。

取引通貨で見てみると、全体の取引量の約60%が韓国ウォンによるものです。

その他には、ビットコイン、アメリカドルとのペグ通貨USDTでの取引が活発なようです。

Statusを取引するためのオススメな取引所は、以下の通りです。

  1. Binance
  2. Upbit
  3. Huobi
  4. Bittrex

ビットコインでの取引だとBinanceが便利

Statusの取引量は韓国を拠点とする取引所が60%以上を占めておりますが、多くは韓国ウォンとの通貨ペアによるものです。

日本ユーザーだと外貨を用意するのも手間やコストがかかるので、法定通貨での取引よりもビットコインなどのメジャーな仮想通貨の方が利便性は高いと言えます。

その点、Binanceは総合的な取引量では劣りますが、ビットコインの取引量で見ると現在のところ最大の取引量を誇ります。

また、Binanceは大手取引所でセキュリティーや運営もしっかりしていると評判で、日本人ユーザーの受け入れや日本語対応にも力を入れているので、Statusを取引するための環境としては総合的に良いと言えます。

Status(SNT)の将来性は?これから価格は上がる?

現時点ではStatusの将来性は高いと考えています理由は以下の3つです。

  1. ICOで巨額の資金調達に成功した高い期待度
  2. メッセージングアプリで未開拓マーケットでの伸び代
  3. 世界初のブロックチェーンスマホFinneyに初期インストールされる
ひとつづつ詳細を解説していきます。

ICOで巨額の資金調達に成功した高い期待度

Statusは、ICOで100億相当の資金調達に成功したと一部報道されています。

StatusのICOは2017年の後期に行われ、仮想通貨市場全体のアップトレンドも手伝ったのも大成功に至った要因です。

要因はどうあれ、仮想通貨のプロジェクトでこれだけ多くの資金を集めるということは投資家の大きな期待の現れとも取ることができます。

海外のニュースサイトInc.記事を一部抜粋。

Status raised more than $100 million through its initial coin offering, according to an early estimate. In fact, one of the first transactions involved someone who believed in the company so much that he or she put up $8.5 million worth of Ether into the ICO. (It should be noted here that I am an advocate of blockchain technology.)”

メッセージングアプリで未開拓マーケットでの伸び代

日本ではスマートフォンなどで使えるLineやWeChatなどのメッセージングアプリは一般的と呼べるほど普及していますが、一部欧米圏やスマートフォンの普及が遅れている後進国地域などでは、主要メッセージングアプリの普及が遅れています。

Statusは、Dappsプラットフォーム上でのアプリケーションの利用がひとつの強みで、特にメッセージングアプリとしてはLineなどのスタンプの売買するマーケットなども実装してあり、注目の機能となっています。

さらには、メッセンジャー上で仮想通貨を送金できるなど、ホワイトペーパーにもその機能の詳細が記されています。

Statusは、このメッセージングアプリを梃子にそれぞれの地域に需要を拡大していくことを期待されています。

世界初のブロックチェーンスマホFinneyに初期インストールされる

Finneyとは、Sirin Labsが開発するブロックチェーン技術に基づいて開発中の世界初のスマートフォンです。

その初期インストールのアプリケーションとしてStatusを採用することが発表されています。

Finneyリリース後に大きな話題となれば、Statusの普及や価格にも好影響があるのではないかと考えられます。

Status(SNT)とはどんなコイン?

アプリケーションを絡めた普及を目指す仮想通貨

Statusは、既存金融システムの代替となるべく生まれた仮想通貨というよりは、アプリケーションやマーケットプレイスなどの利用を主な目的として開発されています。

DAppsプラットフォームでアプリケーションを利用できる

Statusの最大の特徴は、分散型アプリケーション(DApps)と呼ばれるプラットフォームが実装されていることです。

DAppsプラットフォーム上では、様々なアプリケーション機能を利用することができます。

時価総額と発行上限数

時価総額は2018年4月現在で500億円程度で、仮想通貨全体の47位に位置しています。

Statusの発行上限数は、68億通貨となっています。

Status(SNT)の良い点

モバイルで手軽に利用できるようになっている

Statusは世界初のモバイルイーサリアムOSと言われており、メッセンジャーなどの機能をモバイル上で手軽に利用できるようになっています。

モバイルイーサリアムOSと呼ばれる理由は、イーサリアムブロックチェーンの基礎技術を使用していることから来ているようです。

現在α版をiPhone、Androidでアプリケーションをダウンロードして利用することができます。

豊富な分散型アプリケーションの利用でもっと便利に

通常Webサービスやアプリケーションは、単一のサーバーで特定の管理者が存在するようになっています。

一方、分散型アプリケーションは、管理者が存在せず、ネットワーク全体でサービス提供からデータの管理まで、アプリケーションの機能を実現します。

そのため、従来のサービスと比べて、サーバー可用性やセキュリティの面で大きなアドバンテージがあると言われており、多くのブロックチェーンプロジェクトで取り組まれています。

Statusは、分散型アプリケーションの仕組みを利用して、様々なアプリケーションをリリースすることが予測され、さらには誰でもプラットフォーム上でアプリケーションを開発、公開できる環境を有しています。

Statusのプラットフォームでは以下のようなアプリケーションが開発されています。

uPort: ブロックチェーンを利用した個人情報管理システム

Gnosis: 市場予測アプリケーション

Oasis Exchange: イーサリアムとERC20の規格に沿って発行されたトークンの交換ツール

Etherisc: 保険売買プラットフォームアプリケーション

Ujo: アーティストのための音楽プラットフォームアプリケーション

Status Teller Networkで仮想通貨の容易な利用を実現

Statusは、仮想通貨を利用する上での問題は法定通貨からどのように調達するかと位置づけており、その解決策としてStatus Teller Networkを提案しています。

Status Teller Networkは、P2P技術によりネットワークに参加している近くのユーザー同士の法定通貨、仮想通貨の交換を瞬時に実行するためのStatusの機能です。

ビットコインなど毎週約30億円程度の取引高が発生しており、その規模のトランスアクションにも耐えれるような設計となっているようです。

Status(SNT)の悪い点

既存のアプリケーションサービスを超えられるかが課題となる

ブロックチェーンは比較的新しい技術で、その上で構築される分散型アプリケーションもユーザーにとっては未知のものと言っても過言ではありません。

Statusが核とするメッセージングアプリケーションの類は、先進国を中心に人々のコミュニケーションインフラとしてすでに定着しています。

確かに、分散型アプリケーションの方が優れている点は多々ありますが、この状況をひっくり返して需要を生み出すためには、既存のアプリケーションサービスを機能面で大きく上回る必要があります。

Statusは、分散型アプリケーションプラットフォームとしての開発を進めているので、アプリケーションでの成功可否が価格に大きな影響を与えることが予測されます。

まとめ

Statusは、メッセージングアプリを核とした分散型アプリケーションプラットフォームとしての機能を期待される仮想通貨です。

モバイル対応で使い勝手も良く、スマートフォンアプリケーションと、これからの伸び代が期待できる分野なので将来性は高いと思われます。

もし、Statusに興味があり、投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心にじっくりと検討してみることをオススメします。