Bancor(バンコール/BNT)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨は数千種類と存在し、ICOの流行や個人でも簡単にトークンを発行できることなどからその数は増加の一途をたどっています。

Bancor(バンコール/BNT)は増え続ける仮想通貨の流動性リスクの解決を目的に開発されています。

この記事ではバンコールがどのような特徴を持つプロジェクトなのか、その将来性や購入方法まで詳しく解説していきます。

Bancor(バンコール/BNT)を購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

2018年7月時点ではBancor(バンコール/BNT)を買える国内の仮想通貨取引所はありません。

BNTが購入可能な海外の取引所でよく使われている取引所は下記の通りです。

  1. HitBTC(ヒットビーティーシー)
  2. Bancor Network(バンコールネットワーク)
  3. LATOKEN(ラトークン)
  4. OKEx(オーケーイーエックス)

この中でBNTの購入にオススメな取引所はBancor Networkです。

Bancor Networkでの購入をオススメする理由

CoinGickoより引用

BNTは大手取引所のHitBTCに上場していますが、HitBTCは2018年6月に日本居住者へのサービス提供停止を発表しています。

記事執筆時点でHitBTCと同じくらいBNTの取引高があるのは、Bancorの分散型取引所であるBancor Network(バンコールネットワーク)です。

Bancor Networkより引用

Bancor Networkは分散型取引所の中では圧倒的に使いやすく、全体の取引高も一時zaifと同程度の70位前後となっていました。

BNTの購入方法はBancorのウォレットを作成後、そのウォレットにETHを送って購入するのがスタンダードです。

Bancor Networkに上場している通貨であればどの通貨でもBNTを購入することができますが、日本の取引所でも買えるETHを使うほうが便利です。

Bancor(バンコール/BNT)の将来性は?これから価格は上がる?

Bancor Networkトークン(BNT)は記事執筆時点で時価総額ランキング67位となっています。

ICO実施後の2017年8月時点で60位台となり、その後2018年1月時点では100位以下まで下がっていましたが同年4月に94位まで上昇し、また60位台まで戻ってきた経緯があります。

BNTの時価総額ランキングは上昇傾向にあり分散型取引所としてのBancorはさらに成長していくと考えています。

しかし通貨としてのBNTの時価総額やランキング順位自体はそれほど上がらないだろうと考えていますが、その理由を4つにまとめて解説していきます。

  • 今後も増え続けるトークンの流動性リスクを解決する
  • スプレッドなしで即時にトークン交換可能な分散型取引所(DEX)
  • 100種類以上のトークン取扱達成や高性能なウォレットなど着実な進歩
  • Bancorの成長とBNT価格は連動しない可能性がある

今後も増え続けるトークンの流動性リスクを解決する

Bancorは仮想通貨やトークンの流動性リスクを解決することを目的としています。

ここでいう流動性とは、ある仮想通貨を売りたいとき売れるかどうかを表し、例えばビットコインやイーサリアムであれば大抵の場合すぐに買い手が見つかるため流動性が高い状態であると言えます。

しかしICOやハードフォークの流行、そして個人や企業単位でも簡単にトークンを発行できることもあり仮想通貨やトークンは増加の一途を辿っています。

その結果売りたいときに売れないマイナーなトークンが増え買い手が見つかりづらい状態、つまり流動性が低い状態になり流動性リスクが発生することになります。

Bancorは独自の計算式とトークン発行者が用意する準備金により、即時にトークンを売買することができます

詳しくは「Bancorの仕組み」で解説していますので、そちらをご確認ください。

スプレッドなしで即時にトークン交換可能な分散型取引所(DEX)

Bancorの分散型取引所(DEX)であるBancor Networkは取引をする際にスプレッド(買値と売値の価格差)なしで、かつ即座に売買の取引が成立するのが特徴です。

中央管理型の既存の取引所はハッキング被害や個人情報流出、倒産など2018年に入ってからも多くの問題を抱えており、分散型取引所に期待は掛かっていますがなかなか普及には至っていないのが現状です。

普及しない理由としては管理画面が使いにくいことや、ユーザー数が少ないため取引が成立しにくいことなどが挙げられます。

Bancor Networkは管理画面からはもちろんウォレットからも簡単に売買が可能で、取引もすぐに成立することから初心者にも使いやすくマス層にも使われる分散型取引所となる可能性を秘めています

100種類以上のトークン取扱や高性能なウォレットなど着実な進歩

Bancor Networkには当初マイナーなトークンがほとんどで積極的に売買したいと思えるトークンが多くありませんでした。

しかし2018年6月には取扱トークンが100種類を超えたり、EOSやTRON(※メインチェーン移行に伴いこの2通貨は一時取扱停止)、OMG、BNBなど時価総額ランキング上位のトークンも取り扱うようになっています。

また公式ウォレットにクレジットカード決済機能が追加されたことにより、ウォレット内から法定通貨でトークンを購入できるように2018年4月にアップデートされました。

Bancorは分散型取引所、正確には買い手と売り手が必要ないので分散型「交換所」と言ったほうがいいかもしれませんが、Bancorは着実に成長しているプロジェクトだというのは間違いありません。

Bancorの成長とBNT価格は連動しない可能性がある

Bancor Networkが開始されてから記事執筆時点で約1年が経ちますが、特別大きな問題なく運営されていて、Bancorの仕組みは机上の空論ではなかったことが証明され始めています。

上述したようにBancorは着実に成長していますが、Bancorの成長とBNTのトークン価格や時価総額がその成長に連動しない可能性があると筆者は考えています。

そもそもBNTとはBancor Protocolに基づいて発行された最初のスマートトークンです(※スマートトークンについては「Bancorの仕組み」で解説しています)。

BNTはBNTの時価総額の10%分のETHを準備金として発行されたスマートトークンで、その準備金はイーサリアム上のアドレスに保持されています。

つまりBNTは最低でも10%分のETHの価値はあるトークンになります。

最初のスマートトークンであるBNTは、今後発行されるスマートトークンの準備通貨となることを想定されて発行されました。

しかし必ずしもBNTを準備金として使う必要はなく、ETHでもOMGでもBancorが取り扱っているトークンであればどれでも準備金として使えます。

ですのでBancorが成長し取扱いトークンが今後増え続けたとしても、そのトークンは準備金としてBNTをまったく使わない可能性があります。

するとBNTの価値というのは10%分のETHの価値しか残らない、極端な話ですがそのような状況になる可能性もあるということです。

筆者の考えとしてはBancor自体の今後の成長への期待の高さからBNTの価格は上がると思いますが、それが継続するかどうかはBancor Networkに上場するトークンがどれくらいBNTを利用するようになるかによると見ています。

Bancor(バンコール/BNT)とはどんなコイン?

Bancorの名前の由来

20世紀で最も有名な経済学者であるケインズ氏が、国際決済のための通貨として世界基軸通貨「バンコール」という構想を発表しました。

各国の中央銀行の上に世界中央銀行を設立し、その銀行で発行されるバンコールを基軸通貨として国際間の貿易や決済に使用するというものでした。

この構想は第二次世界大戦後のアメリカ主導、ドル基軸の流れに飲まれ日の目を見ることはなく幻の提案と呼ばれるようになりました。

この記事で取り上げているBancorとは構想はまったく異なりますが、ケインズが提唱した世界基軸通貨の思想や哲学から影響を受けていると考えられます。

ICOでは3分弱で167億円調達

2017年6月12日にBancorはICOを実施し、開始から3分間で167億円の調達に成功しています。

これは当時の史上最高額となりICOが2017年後半以降ICOが活性化する大きなきっかけとなりました。

最大発行枚数は約8千万枚

BNTの最大発行枚数は80,036,199枚です。

記事執筆時点の流通量75,707,462枚となっています。

Bancorの仕組み

Bancorの仕組みについてできる限り簡単に説明していきますが、知らなくてもBancorの良さはわかりますので次のメリットまで読み飛ばしてもらっても問題ありません。

Bancorの仕組みを理解するためには、Bancorの肝心要のプログラムであるBancor Protocolを知る必要があります。

Bancor Protocolの特徴を一言で表すと準備金による流動性機構と価格を動的に計算する計算機構が組み込まれていることです。

トークンは一定割合の準備金を保持

例えば筆者が自身のトークンである「KCT(草コイナーKトークン)」を発行したとします。

そしてあなたはKCTを保有していますが、人気のないトークンですのであなたが売りたいと思っても簡単に売ることはできません。

買う相手が少ないためもし買い手が見つかっても安い値段で売るよう交渉されるかもしれません。

このような流動性リスクを解決する方法としてトークン発行者、この場合草コイナーKがETHを準備金として用意しておき、売りたい人のKCTと準備金のETHを交換できる仕組みをBancorでは採用しています。

スマートコントラクトにより自動的に価格が変化

トークン発行者側が用意した準備金と交換する際、そのトークン価格は用意された計算式によって自動的に導き出されます。

下記はBancor Protocolのホワイトペーパーに記載された価格の計算式を説明した箇所の一部を抜粋したものです。

英語だとわかりづらいので計算式を日本語に変換していきます。

まず一番上の式を日本語訳すると下記のようになります。

固定準備率とはトークン価格×トークン総発行量つまりトークンの時価総額のうち何%の準備金を用意するかを表す数値です。

KCTの時価総額が100万円の場合、筆者が20万円を準備金として用意すると固定準備率は0.2となります。

そして一番下の計算式を日本語訳すると下記のようになります。

準備金残高にスマートトークン総発行量に固定準備率を掛けたものを割ることでトークン価格を導き出すことができます。

KCTのスマートトークンを1万枚発行したときを例にすると、20万円÷(10,000KCT×0.2)でKCT1枚あたり100円となります。

ここで急に出てきたスマートトークンとは、Bancor Network上で発行するトークンの名前です。

スマートトークンの特徴は売買するごとに総発行量が変わることです。

またKCTを例に説明すると、あなたがKCTを1,000枚分(10万円分)購入したときその10万円はKCTの準備金に追加されます。

固定準備率は常に一定と決められているため、KCTの場合固定準備率0.2になるようにスマートトークンの枚数を増やす(新規鍛造)必要があり、スマートコントラクトにより自動的に鍛造されます。

計算式は省略しますが10万円分の準備金追加でKCTのスマートトークンは10,000枚から15,000枚に増加します。

ここまではBancor Protocolの自動価格決定の基本的な計算式になります。

売買によって準備金が増減するため、価格決定の計算式はさらに複雑なものが用意されています。興味がある方はホワイトペーパーを見てみると楽しめると思います。

スマートトークンの取引に市場は必要ない

ここまで説明してきたとおりBancor Networkではトークン発行者側が準備金を用意することと、スマートトークンの価格を自動的に計算する計算式により取引市場(オーダーブック)が必要ありません。

つまりあるトークンを売りたいと考えたとき、そのトークンを買いたいと考えている人を探す必要がないため流動性リスクをBancorは解消することができます。

Bancor(バンコール/BNT)の良い点(メリット)

カウンターパーティリスクがない

カウンターパーティとは取引先相手のことを指し、仮想通貨での場合は仮想通貨取引所を指すことが多いです。

コインチェックのハッキング被害など仮想通貨取引所には盗難、倒産などカウンターパーティリスクを考える必要があります。

しかしBancor Networkは分散型の交換所であるため、トークンや秘密鍵の管理はそれぞれ個人で行います。

したがって悪質ハッカーにウォレットが直接狙われる危険性がほぼなくなりますので、取引所のカウンターパーティリスクに怯えないで済むというのはBancorのメリットの1つです。

DEX銘柄でありETF銘柄でもある

上述したようにカウンターパーティリスクがあることや、HitBTCやHuobiなど大手海外取引所が日本居住者へのサービス停止を決定したりと中央管理型の取引所には様々な問題があります。

そこで分散型取引所(DEX)が注目されているのですが、たいていのDEXは非常に使いづらく誰にでもオススメできるものではありません。

しかしBancor Networkはウォレットも取引管理画面もシンプルで使いやすく、今後iOSなどのアプリのリリースも予定されているため初心者でも使えるDEXとして普及する可能性を秘めています。

また詳しい解説は省略しますが、Bancorでは複数のトークンを合体させたトークンバスケットを発行することができます。

このトークンバスケットは、株式でいうところのETF(Exchange Traded Funds)と同様の役割を果たします。

ビットコインを筆頭に仮想通貨のETF商品が増え、機関投資家の資金が流入してくるというニュースもよく聞くようになると思いますが、Bancorは仮想通貨のETF商品が作れるプラットフォームとしても認知される可能性があります。

DEXとETFというこれからさらに注目されるキーワードを持っていることは今後有利に働くと考えられます。

既存の仮想通貨取引所と共存が可能

Bancorと仮想通貨取引所が共存できないわけではありません。例えばBNTはバイナンスやHitBTCなどの複数の取引所に上場しています。

Bancorと取引所の仕組みは異なりますが、だからといってどちらかにしか上場できないというわけではありません

また記事執筆時点でBNTのグローバル価格が3.09ドルで、Bancor Network上では3.14ドルとなっています。

Bancor上と取引所で価格差が生まれれば、トレーダーがその価格差を埋めるように取引をします。

このように外部の取引所の影響を受けながらBancor内のトークン価格も平衡を保つことができるようになります。

開発チームのオープンで誠実な姿勢

Bancor開発チームは定期的な進捗状況の報告をブログに投稿することはもちろん、Bancorへの批判や厳しい意見もオープンな場で議論し対話を行う姿勢は誠実で好感が持てます。

とくにICO直後の2017年6月にコーネル大学教授でBitcoin-NGという次世代コンセンサスアルゴリズムを提唱しているEmin GünSirer教授がBancorを批判する記事をメディアで発表しました。

それは「Bancorには欠陥がある」というタイトルの記事で29個の理由を挙げてBancorがいかに多くの欠陥を抱えているかを説明していました。

これに対してBancor開発チームは公式ブログで29の理由ひとつひとつに回答を行いました。

内容はこの記事では触れませんが筆者は開発チーム側の回答内容が論理的であると感じましたし、それ以上に批判に対してオープンに議論し合う姿勢に信頼感を覚えました

ちなみにこの批判記事から約1年経過していますが、現在のところ教授が批判した内容が現実のものになってはいません。

Bancor(バンコール/BNT)の悪い点(デメリット)

専門家からBancorに欠陥があると批判される

上述したようにBancorには多くの専門家からその仕組みについて批判を受けています。

正直なところ筆者はBancorのアルゴリズムについて深く理解できているわけではないため、多くのコンピュターサイエンスや暗号学の専門家がBancorを批判している内容についての正誤を判断できません。

多くの批判を受けていた時期はICO直後の2017年6月〜8月で、約1年の運用実績がある記事執筆時点ではBancorの計算式や仕組みについての批判はだいぶ減ったように感じます。

しかし多くの専門家が懸念しているという事実は覚えておく必要があると筆者は考えます。

取扱可能なのはERC20トークンのみ

BancorはイーサリアムのERC20トークンのみしか交換所で取り扱うことができません。

ICOではERC20規格で発行されるトークンを配布することが多いため、ICOで増え続けるトークンの流動性リスクを解消させる意味ではこのままでも良いと思います。

しかし2018年6月にTRONとEOSがメインチェーンへ移行したため、ERC20トークンではなくなったTRONとEOSはBancorであ取り扱うことができなくなりました。

今後もERC20トークンのうち少なくないプロジェクトがメインチェーンへの移行が控えていますので、ERC20トークン以外のトークンを扱えるようにならなければ今後の成長の妨げになると考えられます。

Bancor(バンコール/BNT)の今後(ロードマップ)は?

  • 2018年第3四半期にiOSとAndroidアプリをリリース
  • 2018年第4四半期に開発者用APIと取引ツールの拡充
  • 2019年第2四半期にERC20以外のブロックチェーンに対応

アプリのリリースも使いやすさを上げる点で重要ですが、やはり2019年のERC20以外のトークンにも対応できるようになることが最もインパクトが大きいと考えます。

まとめ

想定より長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

仮想通貨の流動性リスクを解消することを目的としたプロジェクトは多いですが、すでにBancorの仕組みは流動性を高められることを証明し始めていて、流動性リスクを解決するひとつの方法として確立され始めたように感じます。

同じく流動性リスクを課題としている国産プロジェクトであるQASHも面白い仮想通貨ですので、興味あればぜひ読んでみてください。それでは!

QASH(キャッシュ)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

2018.06.17