Substratum(SUB)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨の基礎技術とも言えるP2Pによる分散型ネットワークは、様々なプロジェクトでの開発により、その利用を広げています。

Substratumは、そんな分散型ネットワークを利用した自由で公平なネットワーク環境を万人に提供することを目的に始められたプロジェクトです。

今回は、そんなSubstratumを取引するためのオススメな取引所から将来性、通貨としての特徴までまとめて紹介したいと思います。

Substratumを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Substratumは、世界的にも期待されているプロジェクトとして知られていて、多くの取引所で取り扱われています。

しかし、残念ながら日本の取引所では、まだどこも取り扱いがないため、日本人ユーザーは取引するため必然的に海外の取引所の取引口座が必要になります。

Substratumは、多くの取引所が取り扱っているだけあって、取引所別に通貨ペアがばらついており、様々な通貨で取引されています。

市場全体では共通して、ビットコインやイーサリアムの取引量が多く活発に取引が行われています。

Sunstratumを取引するためのオススメな取引所は以下の通りです。

  1. Binance
  2. HitBTC
  3. KuCoin
  4. OKEx

大手取引所の中でも強さを見せるBinanceがイチオシ

Substratumは、BinanceをはじめとしたHitBTC、KuCoin、OKExなどの大手と呼ばれる取引所でも広く取り扱われています。

しかし、取引所別での取引量を見てみると、Binanceが全体の95%以上のシェアを占めており、市場を独占しています。

Substratumの取引でBinanceは、ビットコインとイーサリアムを採用しており、それぞれの通貨でも取引量一位を獲得しています。

Binanceは、もともと中国系の大手取引所として知られており、日本のユーザーを含む世界のユーザーから利用されているので、海外の取引所としての信頼性も高いと言えます。

Substratum(SUB)の将来性は?これから価格は上がる?

現時点で、Substratumの将来性は高いことが考えられます。

その理由は、以下の2点です。

  1. SDKを提供することで開発が活発化する
  2. ネットワークに接続可能なデバイスの普及で拡大する可能性がある
それぞれ以下で詳細を紹介していきます。

SDKを提供することで開発が活発化する

SDKとは、ソフトウェア・デベロッパー・キットの略称で、開発者が開発者を行うための基本的な環境や開発をサポートする機能を提供します。

Substratumは、分散型ネットワーク上で操作するDAppsの開発などを促進するために、SDKの提供を開始しました。

このことにより、今後はさらなる開発の拡大が期待できます。

ネットワークに接続可能なデバイスの普及で拡大する可能性がある

Substratumは、ノードとなるコンピューターリソースをP2P技術でネットワーク化することで巨大な情報空間を構築することができます。

従来のインターネットであれば、データセンターなどにある各サーバーがその役割を担いますが、SUbstratumは、個人のコンピューターやスマートフォンなどのリソースを活用することができます。

今後、世界中でネットワークに繋がるデバイスは爆発的に増えることが予測され、Sabstratumのような個人のコンピューターリソースを活用するようなプロジェクトには好影響だと考えられます。

Substratum(SUB)とはどんなコイン?

より自由なネットワークを構築するプラットフォーム

インターネットは、ホームページやSNSを通して誰でもコンテンツを共有できる素晴らしいテクノロジーですが、国によって情報の規制があったり、力をもつ一部の企業によって情報が与えられたりと不完全な面もあることも事実です。

Sabstratumは、そんなインターネットの不平等や不自由を打開するために既存のインターネットに対抗し、より利便性の高い情報ネットワークを作り出すことを目的としています。

自宅のパソコンやスマートフォンがノードになる

分散型ネットワークは、不特定多数のノードをつなぐことで従来のコンピューティングやストレージの機能を実現しています。

Sabstratumは、個人のパソコンやスマートフォンなどのリソースをノードとして活用することでネットワークを構成することができるのです。

時価総額と発行上限数

Sabstratumの時価総額は、2018年6月時点、日本円で約105億円となっており、仮想通貨市場全体では106位に位置しています。

この仮想通貨の発行上限枚数は、3億5200万通貨に設定されています。

Substratum(SUB)の良い点

3つの役割で公平なネットワークを構築する

Substratumのネットワークは、コンテンツを提供するための持続可能なシステムが3つの役割によって成り立っています。

その役割とは、Substratumホスト、Sunstratumノード、エンドウェブユーザーです。

Substratumホストは、その名の通りコンテンツやアプリケーションを提供する立場にあり、Substratumノードは仮想通貨によるインセンティブを受け取る代わりにネットワークを維持する役割を担います。

ネットワーク上のコンテンツは、最終的にはエンドウェブユーザーにより自由に閲覧されるのです。

CryptoPayによる決済機能が様々なサービスを加速させる

CryptoPayとは、Substratumのウォレット機能で、SUBの他にポンド、アメリカドル、ユーロ、ビットコインなどの決済や送金などに対応しています。

Substratumは、Paypalのようなインターネット上のペイメントサービスに似ており、ネットワーク上のウェブサイトに簡易的で即時に実行される支払い機能を実装させることができます。

詳細は、ホワイトペーパー上でも紹介されています。

分散型ネットワークのメリット生かすシステムである

Substratumのシステムは、分散型ネットワークによるメリットを享受しています。

分散型ネットワークは、不特定多数のノードにより構成されているので、特定のサーバーによる従来のサービスと比べて、サーバダウンによるダウンタイムが発生しません。

また、特定の攻撃ターゲットが存在しない分散型ネットワークでは、ハッキングなどの攻撃を受けにくいとされています。

インターネットサービスの運用の面では、ノードが提供するコンピューターリソースを利用することができるので、電力コストやメンテナンスコストが発生せず、Substratumのシステム上では少額のインセンティブの支払いで済んでしまうのもひとつのメリットと言えます。

今後のロードマップでは支払い機能が強化される

Substratumは、公式ホームページ上で今後のロードマップを公開しています。

2018年の第2四半期からは、CryptoPayの開発が始まり、今後はプラットフォーム上での機能の実装や他システムの連携などが向上することが期待できます。

また、将来的には全世界への普及も目指しており、パートナーシッププログラムの開始や多言語でのサービス展開などを計画しているようです。

Substratum(SUB)の悪い点

国との対立がどのような影響を与えるかは未知数である

Substratumが作り出す自由で平等な情報ネットワーク空間は、国や地域が行う規制とは全く逆の考え方です。

巨大なマーケットを抱える中国では、政府主導で情報統制を行なっており、インターネットへのアクセスが一部制限されています。

今後、Substratumが普及するにあたって、中国やその他のマーケットでの対立は避けられないため、何らかの摩擦が発生する可能性が存在します。

Substratumの需要を拡大するためには、その点でどのように各国の政府との折り合いをつけていくかが鍵となるでしょう。

まとめ

Substratumは、個人のパソコンやスマートフォンなどをノードに自由な情報空間を分散型ネットワークで実現するためのプロジェクトです。

コンテンツを提供するユーザーへのインセンティブのシステムや、CryptoPayなどの利用を活性化させる機能なども開発され、今後ますます期待がかかります。

もし、Substratumに興味があり、投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心に、じっくり検討してみることをオススメします。