Syscoin(SYS)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

ブロックチェーンは、優れたシステムとして認識され始めており、仮想通貨の台帳システム以外の使い道も様々なプロジェクトによって模索されています。

Syscoinは、ブロックチェーンと分散型ネットワークを利用した商品を売買するマーケットプレイスとして開発が進められている仮想通貨プロジェクトです。

今回は、そんなSyscoinを取引するためのオススメの取引所から将来性、通貨としての将来性をまとめて紹介したいと思います。

Syscoinを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Syscoinは、世界的に人気のあるコインで数多くの取引所で取り扱われています。

残念ながら日本の取引所ではまだ取り扱いがなく、取引するためには海外の取引所の口座開設が必要となります。

取引通貨ペアは、ビットコインとイーサリアムで取引量全体の95%を占めており、その他は少量ではありますがライトコインやリップル、ユーロなどでも取引されています。

Syscoinを取引するためのオススメな取引所は以下の通りです。

  1. Binance
  2. Bittrex
  3. Upbit
  4. Poloniex

Binanceの独自トークンで取引すればお得に購入できる

Syscoinの市場全体の取引量は、Upbit、Bittrex、Binanceの大手取引所によってほぼ三分割されています。

その中でも、今回オススメなのは、中国系取引所の最大手、Binanceです。

Binanceは、Binance Coinという独自トークンを発行しており、ユーザーはこのトークンを使用して取引することで、手数料の割引など価格面でのメリットがあります。

加えて、Binanceは、日本人コミュニティ内での知名度や信頼度も大きく海外取引所の中でも比較的馴染みやすい取引所だと言えるでしょう。

Syscoin(SYS)の将来性は?これから価格は上がる?

今現時点で、Syscoinの将来性は高いことが予測されます。

その理由は、以下の2点です。

  1. Microsoftとの提携で注目が集まる
  2. ミートアップイベントを開催しコミュニティの形成に力を入れる
それぞれ詳細をひとつずつ解説していきます。

Microsoftとの連携で注目が集まる

Syscoinは、アメリカの大手IT企業であるMicrosoft Azureでの機能提供を実現をしており、今後の普及に注目されます。

Microsoft Azureは、企業向けのクラウドサービスで、柔軟で利便性の高いIT環境を導入することができます。

その中で、SyscoinはBaaS(ブロックチェーン・アズ・ア・サービス)という形で提供され、Syscoinのブロックチェーン技術をMicrosoft Azureを通して企業などが活用できるようになるのです。

ミートアップイベントを開催しコミュニティの形成を力を入れる

Syscoinは、2018年の4月に初のミートアップイベントをカナダのバンクーバーで開催しました。

ミートアップイベントにはコミュニティの活性化などの狙いがあり、ユーザーによる強いサポートやマーケティング効果などが期待できます。

イベントにはSyscoinの創始者でCTOも務めるJag Sidhu氏も登場し、プレゼンテーションを行ったようです。

Syscoin(SYS)とはどんなコイン?

それなりに歴史を持つ仮想通貨

多くの仮想通貨プロジェクトが近年始まったことに対して、Syscoinはそれなりに歴史のある仮想通貨プロジェクトだということができます。

その始まりは、2014年でもともとはビットコインの基礎技術をベースに開発されました。

ECを代替するマーケットプレイスの提供

Syscoinのプロジェクトの目的は、ブロックチェーンと分散型ネットワークを利用した新しいマーケットプレイスの構築です。

マーケットプレイスといえば、インターネット上に存在する商品やサービスを売買する場所として知られていますが、Syscoinは、将来的にはアマゾンやEbay、楽天などの既存ECの代替となるような役割を果たすことが考えられます。

時価総額と発行上限数

Syscoinの時価総額は、2018年6月時点、日本円ベースでおおよそ110億円規模で、仮想通貨市場全体の97位に位置しています。

この仮想通貨の発行上限枚数は、8億8800万通貨に制限されています。

Syscoin(SYS)の良い点

分散型ネットワークを利用して低コストなマーケットプレイスを実現する

従来のECやマーケットプレイスでは、独自サーバーによるサービス提供を行っており、運営企業は、そのコストを利用者からの売買手数料や会員費という形で徴収することで経営を成り立たせています。

一方、Syscoinは、P2Pを基礎とした分散型ネットワークを構築することで、比較的安価なコストでシステムを運営することができます。

結果的に商品を提供する小売業者や対価を支払うユーザーにもメリットがある商品売買の場を提供することができるのです。

エイリアスにより複雑なウォレットアドレスを簡略化

Syscoinは、マーケットプレイスの機能をウォレットに統合しており、そのため商品の支払いや代金の受け取りなどは、ウォレットのアドレスがIDの役割を果たすことになります。

通常、仮想通貨ウォレットのアドレスは意味の持たない英数字の羅列ですが、Syscoinはエイリアスという機能によって、覚えやすいアドレスの形式で利用できるようなりました。

このエイリアスによる特徴的なウォレットアドレスは、ウェブサイトのURLのような役割を果たすことが考えられます。

ユーザー同士のやりとりを活発化する仕組みが備わっている

Syscoinは、従来の仮想通貨システムとしての基本的な機能も実装しており、ユーザー同士の活発なやりとりをサポートしています。

例えば、交渉や質問などを行うためのセキュアなメッセージング機能やユーザー間での直接取引を可能にする仮想通貨の送金機能などがそれに該当します。

コインミキシングによるプライバシーの保護が行われている

コインミキシングとは、仮想通貨の支払いプロセスにおいて、複数のトランザクションをプールして決済させることで、ユーザーの履歴を追跡しにくくする技術です。

Syscoinは、このコインミキシングを実装することによってユーザーのプライバシーを守りながらの取引を実現しています。

この概念は、公式のホワイトペーパー上でも紹介されています。

マスターノードネットワークにより即時性の高い取引が可能となった

Syscoinには、ある条件を満たしたマスターノードと呼ばれる他のノードよりもさらに大きな権限と信頼性を持つノードが存在します。

マスターノードは、独自のネットワークを形成し、インスタントペイメント、すなわち即時取引が完了する簡易的な取引を実行するために利用されます。

つまり、Syscoinには、通常のノードが形成するネットワーク上でのPoWによる一般的な取引方法と、マスターノードネットワークのPoSによる高速な取引方法が存在するのです。

Syscoin(SYS)の悪い点

サービスの質の保持が可能か疑問が残る

分散型ネットワークの良いところは、ハッキングなどの不正に強く、管理コストなどが比較的低いところにありますが、マーケットプレイスを運用するとなると、そのサービスの質をどのように保持するかが課題となります。

例えば、アマゾンなどは快適なオンラインショッピング環境を提供するために、大規模なトラフィックをさばくためのIT環境を用意しており、登録商品にも厳しい審査を設けてサービスの質を守っています。

Syscoinが今後既存のEC並みに普及できるかどうかは、これらの点にどのように向き合うかが大きなカギとなるかもしれません。

まとめ

Syscoinは、マーケットプレイスという商品を売買する場を提供するプラットフォームとして、2014年から開発されている歴史あるブロックチェーンプロジェクトです。

Microsoftなどとの大手IT企業ともパートナー関係にあり、今後の展開が非常に楽しみです。

もし、Syscoinに興味があり投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心に検討してみることをオススメします。