PundiX(NPXS)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

インドネシアのジャカルタに本拠地に置き、仮想通貨での支払いに対応したPOSシステムを開発するPundi X(プンディエックス)。

この記事ではPundi Xがどのような特徴を持つ仮想通貨でありプロジェクトなのか、その将来性や購入方法まで詳しく解説していきます。

Pundi X(NPXS)を購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

2018年6月時点でPundi X(プンディエックス/NPXS)を購入できる国内の仮想通貨取引所はありません。

NPXSが購入可能な海外の仮想通貨取引所はこの5つです。

  • <海外> IDEX(アイデックス)
  • <海外> Hotbit(ホットビット)
  • <海外> Bit-Z(ビットジー)
  • <海外> Coinrail(コインレール)
  • <海外> Bibox(ビボックス)

これらの仮想通貨取引所の中でBit-ZがNPXSの購入に最適と考えています。

Bit-Z(ビットゼット)での購入をオススメする理由

記事執筆時点でNPXSの取引高が多い取引所はCoinrailとIDEXの2つですが、Coinrailは2018年6月にハッキング被害でNPXSを流出させていること、IDEXは分散型取引所(DEX)のため使い方に癖がありDEXに慣れていない人にはオススメできません。

筆者のオススメは取引高が全取引所中で10位前後の大手仮想通貨取引所のBit-Z(ビットジー)です。

記事執筆時点の2018年6月はまだNPXSの取り扱いはしていませんが、今月中にNPXSがビットジーに上場することが決定しています。

IDEXが利用できる場合はすでに流動性が確保されているためIDEXを使い、分散型取引所が苦手または初めてという方には中央管理型で大手取引所のBit-ZでNPXSを購入することをオススメします。

Pundi X(NPXS)の将来性は?これから価格は上がる?

Pundi X(プンディエックス/NPXS)は2018年1月のICO実施後、同年4月に時価総額ランキング100位以内になっています。

2018年6月に起こった韓国取引所がハッキング被害にあい、NPXS含む約40億円の仮想通貨が流出した事件によって、NPXSの時価総額は一時的に急落しています。

筆者はPundi Xの将来性は高く今後も時価総額ランキングは上昇していくと考えていますが、その理由を3つにまとめて解説していきます。

  • 「仮想通貨が使えるPOS端末」という実用的な製品を持っている
  • 東京拠点設立とNEMベースのPOS端末で日本での注目度が上昇
  • 2018年中は保有量の7.3%分が毎月エアドロップされる

「仮想通貨が使えるPOS端末」という実用的な製品を持っている

ICOプロジェクトの中には開発が進み完成したとしても実際に需要があるかどうかは未知数なプロジェクトも数多くあります。

仮想通貨に対応していることを除けば、POSシステムというすでに需要があることがわかっている市場にPundi Xはいます。

ちなみに世界のPOSシステム・端末の市場規模は4〜5挑円と推計されています。

Pundi Xは様々な仮想通貨で支払うことが可能で、今後投入される新機種のPOS端末ではVISAやMasterなどのクレジットカード支払いもできるようになります。

仮想通貨支払いに対応している分だけ、現在普及しているPOS端末より多機能です。

POSシステムという需要があることがわかっていて、市場規模が大きく、仮想通貨対応という既存の競合POSシステムより優れいているPundi X

またすでにPundi XのPOS端末「XPOS」はインドネシアを中心に600店舗に導入されています。

日本では仮想通貨Barとして有名なNEMbarでXPOSが導入されています。

ニーズがあり実用的な製品をすでに持っていることがPundi Xの将来性に期待できる最大のポイントです。

東京拠点設立とNEMベースのPOS端末で日本での注目度が上昇

Pundi Xは時価総額がまだまだ低いことと、インドネシアが本拠地であることから日本での知名度は高いとは言えません。

しかし2018年第3四半期にPundi Xの東京オフィスが設立されることと、日本で人気のある仮想通貨であるNEMベースのPOS端末の出荷が開始されたことで日本でも注目を集めていくと考えられます。

PundiX公式Mediumより引用

NEMベースのPOS端末はNEMブロックチェーン上でのみ動作する端末で、この端末で使用できるトークンはXEM/NPXSXEM/XARやXEMのモザイクトークンになります。

NEM財団はこのNEMベースのXPOS端末を今後3年間で2万台の端末を発注しています。

仮想通貨市場では日本の市場規模は大きく、日本で注目を集めることができればPundi Xの時価総額は1つ上のステージに上がりますので、Pundi X開発チームには日本語圏へのマーケティングをもっと活発に行なってほしいと筆者は期待しています。

2018年中は保有量の7.3%分が毎月エアドロップされる

Pundi Xはマーケティング施策としてNPXS保有者に対して毎月エアドロップを行っています。

2018年はNPXS保有量の約7.3%分のNPXSを配布し、2019年は保有量の約2.1%、2020年は保有量の約0.9%がエアドロップされます

2018年は約7.3%となっているため、例えば100万円分のNPXSを保有している場合は毎月7万3千円分のNPXSが配布されます。

2018年1月から100万円分のNPXSを保有していれば2018年12月までで合計87万6千円のエアドロップを受けられることになります。

この魅力的なエアドロップは仮想通貨投資家たちにとってNPXSを保有する動機に繋がります

 

ここまで3つにまとめてPundi Xの将来性の高さについて解説していきました。

POS端末という実用的な製品を持っていて、世界の主要市場への展開も速く、エアドロップ施策など集客や注目を集めるためのマーケティングも上手いPundi Xは、大変魅力的な仮想通貨プロジェクトです。

Pundi X(NPXS)とはどんなコイン?

NPXSの最大供給量は約3000億枚

NPXSの最大供給量は301,295,248,000枚(約3,000億枚)となっています。

記事執筆時点の流通量は61,843,368,132枚(約618億枚)で、最大供給量とともに枚数が多い仮想通貨となっています。

通貨はPXSからNPXSに変更

イーサリアムの価格高騰の影響でPundi XはICO時点で1PXSあたりの価格が高くなってしまったため、開発チームは1PXSを1000PXSを分割する計画がありました。

しかし一部投資家の反対などから紆余曲折を経てPXSを分割するのではなく、NPXSという新しいトークンを作ることとなりました。

PXS保持者はNPXSに交換することが可能です。PXSはすでに取引所で購入することはできないため、Pundi Xのトークンは「NPXS」だと覚えておきましょう。

ちなみにトークン名の由来は見つかりませんでしたが、おそらく新しいという意味でNewPXSの頭文字が由来と考えられます。

NPXSトークンの用途

NPXSトークンはPundi Xプラットフォーム上や関連サービスを利用する際に使用されます。

一例ですがNPXSには下記のような用途があります。

  • Pundi Xプラットフォーム上でオリジナルの暗号通貨を売買を行う
  • XPOSから出たレシートやXPOSの画面上に広告を掲載する

そのほかNPXSをそのまま支払いにも使用することができますし、前述したように保有しておくことでエアドロップを受けることもできます。

支払い方法は専用カードとスマホアプリの2種類

XPOS端末での支払い方法はスマホにQRコード表示して読み取る方法と、Pundi XPassと呼ばれる専用のカードで支払う方法の2種類があります。

スマホの充電が切れているときや電波状況が悪いときなど物理的なカードがあれば便利ですし、マス層への普及にも役立ちます。

Pundi XはAchainブロックチェーンを利用

Pundi Xは2017年8月に誕生した仮想通貨「Achain(エーチェイン/ACT)」上で稼働しています。

Achainは2017年後半に中国で開催されたブロックチェーン開発を競うコンテンストで最優秀賞を獲得し注目を集めています。

開発運営拠点はジャカルタと深セン

Pundi Xの開発チームはジャカルタと深センにそれぞれ15人前後のスタッフが在籍しています。

深センは最先端のハードウェア開発拠点として有名で、XPOSの端末の開発は深センで行われています。

ウォレットはマイイーサウォレット推奨

NPXSはERC20規格のトークンですので、NPXSの保管にはマイイーサウォレットをオススメしています。

マイイーサウォレットであれば毎月のエアドロップも正常に受け取れますが、NPXSを購入後取引所に保管したままだと取引所によってはエアドロップが受け取れないところがありますので注意してください。

Pundi X(NPXS)の良い点(メリット)

インドネシアを中心にXPOS導入店舗が増えている

本拠地があるインドネシアを中心にXPOS導入が500店舗を超えるなど導入店舗が増えてきています。

Pundi Xの開発チームはもともとインドネシアでQRコードを使った即時決済アプリ「Pundi Pundi」を提供していました。

Pundi Pundiはサービス開始から1年で600以上の店舗で導入され、ユーザーは10万人以上を抱えています。

Pundi Xはその店舗にXPOS端末を導入してもらうことで普及の初速を上げています。

またPundi Xは2020年までにXPOS端末の10万店舗の導入を目指しています。

レジ機能だけではない多機能なPOS端末

XPOSにはレジ機能だけではなく、仮想通貨対応以外にも多くの機能が備わっています。

  • BTC/ETH/NPXS/XEM/QTUM/ACT/XLMの仮想通貨に対応
  • NEMウォレットなど外部ウォレットをサポート
  • XPassカードという物理的なカードでの支払いが可能
  • ロイヤリティ/会員管理システム対応
  • XPOS端末の画面に広告掲載可能
  • 排出されるレシートに広告掲載可能

Pundi Xがただ仮想通貨に対応しているだけではなく、既存のPOSシステムより便利になるよう開発をしている点はPundi Xに期待できる理由の1つになっています。

POS端末を開発製造するための十分な資金を調達済み

POS端末1台あたり日本円で約3万円の製造費用が掛かりますが、Pundi XはICOで約28億円調達しているため、今後3年間で10万台の導入を目指すための十分な資金を持っています

Pundi X開発チームの試算によると端末1台を12ヶ月間店舗に利用されれば製造費用等を賄えるとしています。

1月あたり1つのXPOS端末で約30ドルの収益が上がる計算になります。

収益の見込みがあっても端末を開発し店舗に貸与するのに莫大な費用が掛かりますが、Pundi XはICOで十分な資金を調達できていますので、資金が途中で不足する心配が少ないのは大きなメリットです。

信用できるアドバイザーと投資家がチームにいる

Pundi XのアドバイザーにはNEM財団代表のLoN Wong氏が就任しています。

NEM財団は今後3年間で2万台のXPOS端末をすでに注文しており、Pundi XとNEMの関わりは深くなっています。

またOmiseGOやTenX、Qtum、Zcashへ投資している有名投資家David Lee氏もアドバイザーに就任しています。

Pundi XがZcachやQtumとパートナシップを結んでいるのはLee氏の影響があることは間違いないでしょう。

また同じく東南アジアでの普及を目指しているOmiseGOとも今後パートナシップを結ぶ可能性があります。

Pundi X(NPXS)の悪い点(デメリット)

NPXSの取引高が多い取引所からNPXSが流出

2018年6月に韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)からNPXS含む仮想通貨約40億円分がハッキングにより流出しました。

記事執筆時点ではこの事件はまだ調査継続中となっていますが、Pundi X自体がハッキングされたわけではありませんのでNPXSの価格への長期的な影響は軽微であると見られています。

ハードウェアが必要になるため時間と費用が掛かる

Pundi XはPOSシステム提供というソフトウェアのみで完結するものではないため、POS端末の開発生産費用が掛かります。

ソフトウェアのみを提供する形態のサービスと比較すると、掛かる時間も費用も大きくなることはデメリットになります。

Pundi X(NPXS)の今後は?

世界主要都市に営業拠点を設立

Pundi X開発チームはジャカルタと深センに加え、ロンドンにも拠点を設立していますが、2018年第2四半期中に東京とソウルにも拠点を設立する予定となっています。

これらの拠点ではサービスのローカライズ、サポート、営業、現地パートナーとの協業などを行っていくとのことです。

また2018年年末までにアメリカと南米にも拠点を設立する予定となっています。

これでヨーロッパ、北米、南米、アジアと主要な市場すべてに拠点を置き、規模拡大のための準備が整うことになります。

XPOSの新製品が2種類リリース予定

XPOS Handyという持ち運べる小型の端末と、大きく設置型のXPOS Deskの2種類がリリース予定となっています。

XPOS Handyは4G回線などのモバイルネットワーク接続が可能なほか、VISA/MasterカードやApple Payでの支払いが可能になります。

XPOS Deskはディスプレイを大型化することで、ディスプレイ上に商品や店舗の広告を表示させることができるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Pundi Xはまだまだ日本では認知されていませんが、2018年後期からは日本でもPundi Xのニュースもよく見るようになるかもしれません。

仮想通貨対応のPOSシステムという実用的なPundi Xは、仮想通貨やブロックチェーンが社会とどう結びついていくのかのモデルケースの1つになりえます。

ぜひ今後もPundi Xに注目してみてください。それでは!