Ethos(ETHOS)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨ブームと呼ばれる世界的な流行から、今では数多くの仮想通貨プロジェクトが立ち上げられており、その数は数千規模にも達すると言われています。

仮想通貨に投資する投資家たちも選択の幅が広がり、金融ポートフォリオのように多様な通貨を保有できるようになりました。

Ethosは、そんな複雑化する仮想通貨資産の管理のソリューションとなるようなプラットフォームを開発するプロジェクトとして今注目を集めています。

今回は、そんなEthosを取引するためのオススメの取引所から将来性、通貨としての特徴などをまとめて紹介したいと思います。

Ethosを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Ethosは、世界的にある程度の知名度があり、海外の大手取引所から中小規模の取引所まで取り扱いを行う仮想通貨です。

残念ながら、今現時点では日本国内の取引所での取り扱いはなく、取引するためには海外の取引所を利用する必要があります。

取引の通貨ペアは、ビットコインが主要な取引通貨となっており、補助的な位置付けでイーサリアム、韓国ウォン、アメリカドル、アメリカドルのペグ通貨USDTが採用されています。

Ethosを取引するためのオススメな取引所は以下の通りです。

  1. Binance
  2. Bithumb
  3. Coinexchange
  4. Livecoin

日本人ユーザーにとって馴染みのあるBinanceがベストな選択肢

Ethosを取り扱っている取引所の中で、大手と呼ばれる取引所はBinanceとBithumbの2箇所ですが、取引量のシェアを見てみるとその差は圧倒的です。

市場全体の取引量の95%以上をBinanceが占めており、Ethosに関して言えばBithumbでの取引量はほとんどありません。

Binanceは、香港やマルタ島に拠点を置く業界最大手の取引所で、世界中のユーザーが利用しており、日本人ユーザーも例外ではありません。

海外の取引所を利用するとなると、資金調達が課題となりますが、BinanceはEthosの取引にビットコインとイーサリアムというメジャーな通貨ペアを採用しており比較的楽に取引が可能です。

Binanceは、日本人メディアなどで広く紹介されており、日本人ユーザーの取り込みも積極的に行なっているので海外の中では安心感があります。

Ethos(ETHOS)の将来性は?これから価格は上がる?

今現時点で、Ethosの将来性は高いことが予測されます。

その理由は以下の2点です。

  1. Fusion Financial Advisorsとの提携で新サービスのローンチを目指す
  2. リリースから一気に400億円超えの時価総額を叩き出した
ひとつずつ詳細を紹介していきます。

Fusion Financial Advisorsとの提携で新サービスのローンチを目指す

Fusion Financial Advisorsは、アメリカをベースとした金融商品のアドバイザリー業務などを行う企業で、2018年6月9日にEthosとのパートナーシップの締結を発表しました。

パートナーシップの目的は、Ethosユーザーに投資の選択肢としてアドバイザリーサービスを提供することす。

このアドバイザリーサービスは、モバイルアプリケーションなどを通して提供されることが考えられており、Ethosユーザーにとっては利便性の高いサービスとなることが期待できます。

リリースから一気に400億円超えの時価総額を叩き出した

Ethos(旧Bitquence)は、2017年6月にリリースされた比較的新しい仮想通貨ですが、リリース直後の価格は、1通貨あたり1ドルから2ドルの間を推移しており、時価総額もあまり大きいとは言えませんでした。

しかし、2017年末から2018年初めにかけて、価格が大きく跳ね上がり時価総額は一時期、日本円で400億円を超えるまで上昇しました。

今現在は、ある程度落ち着いた価格推移をしていますが、プロジェクトとしてのポテンシャルに大きな期待が寄せられています。

Ethos(ETHOS)とはどんなコイン?

リブランディングによって生まれた仮想通貨

Ethosはもともと、Bitquenceという名称の仮想通貨プロジェクトでしたが、ロゴなどを含めてイメージを刷新するためにリブランディングを行いました。

今では、Ethosの名で広く知られていますが、Binanceなどの一部取引所では旧名のBitquenceを使っているところも存在します。

資産管理を容易にするプラットフォーム

Ethosの最大の目的は、仮想通貨の所有や利用を広げることで誰でも仮想通貨を利用することができるような環境を作ることです。

その具体的機能は、異なる複数の仮想通貨資産を管理する共通プラットフォームの開発がプロジェクトの目玉として注目されています。

時価総額と発行上限数

Ethosの時価総額は2018年6月現在、日本円で160億円を記録しており、仮想通貨市場全体では78位に位置しています。

この仮想通貨の発行上限枚数は約2億通貨程度に設定されています。

Ethos(ETHOS)の良い点

ユニバーサルウォレットにより資産の一元管理が可能となる

Ethosは、モバイルファーストな設計思想による異なる仮想通貨資産を一元管理できるユニバーサルウォレットを開発しています。

このユニバーサルウォレットは、数多くの仮想通貨に対応し保管することはもちろんのこと、資金移動、受け取り、運用、支払いなど数多くの機能が実装される予定です。

また、価値の変動やキャッシュフローの出入り、税金の支払いなどを表す機能も付随しており、どちらかというと金融ポートフォリオを管理するプラットフォームに近い役割も同時に担っています。

このEthosのユニバーサルウォレットの構想は公式のホワイトペーパーでも確認できます。

人が動かすプラットフォームで仮想通貨の流れを活発化する

Ethosはホワイトペーパーの中で、People-Powered(人によって動かされる)プラットフォームを構築していく方向性を示しています。

人によって動かされるプラットフォームとは、具体的にはEthos Ratings、Ethos Reviews、Ethos Predictionsといった機能が核となり仮想通貨経済の広がりをサポートすることを意味します。

Ethos Ratingは、あらゆる資産に対してユーザーが評価し、投資判断を手助けするための仕組みとして機能します。

Ethos Reviewsとは、ユーザーが投資対象物やイベントなどに対してより深い考察をコミュニティに共有したり、コミュニティ内でQ&Aなどを行うための仕組みです。

Ethos Predictionsは、相場の上げ下げを予測するための機能です。

これらの機能を軸に、ユーザーに仮想通貨での報酬やインセンティブを与えながらコミュニティ内での投資活動を活発化することが人によって動かされるプラットフォームの全容です。

強固なセキュリティで利用者の資産を守る

Ethosのウォレットは、強力なセキュリティ対策が施されており、ユーザーは自から仮想通貨資産を守ることができます。

例えば、生体認証とピンコードでのパスワード解除であったり、データ消失や改ざんリスクを回避するバックアップ機能、コールドストレージでの資産管理などの機能が備えられています。

Ethos(ETHOS)の悪い点

資産を一元管理するとリスクが集中するという懸念がある

Ethosの最大の売りであるユニバーサルウォレットによる複数通貨の一元管理は、ユーザーへの利便性を提供してくれると同時に、ハッキングにあった際のリスクを高めています。

もちろん、セキュリティ対策はされていますが、絶対という保証はありません。

もし、セキュリティが何らかの理由で突破されてしまった場合には、ユニバーサルウォレットで管理するすべての仮想通貨資産が盗難の対象となってしまいます。

まとめ

Ethosは、仮想通貨の利用を広げるためのプラットフォームを目指しており、具体的にはユニバーサルウォレットによる利便性の高いサービスを提供することでそれを実現しようとしています。

”人によって動かされるプラットフォーム”をコンセプトに、Ethos Ratings、Ethos Reviews、Ethos Predictionsなどの機能を活用し、コミュニティの力を持ってしてEthosや仮想通貨流通の活性化を図っています。

もし、Ethosに興味があり、投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心に検討してみることをオススメします。