Loom Network(LOOM)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨の流行は、ブロックチェーンや分散型ネットワークの技術発展に貢献し、新しいテクノロジー利用の可能性を広げています。

Loom Networkは、DAppsと呼ばれる分散型アプリケーションの開発と運用を便利にするDAppsプラットフォームです。

今回は、そんなLoom Networkを取引するためのおすすめの取引所から将来性、通貨としての特徴までまとめて紹介したいと思います。

Loom Networkを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Loom Networkは、日本国内の取引所では取り扱いがないため、取引するためには海外取引所の口座開設が必要です。

海外ではそれなりの人気と知名度があり、それなりの数の取引所が取り扱いを行なっています。

Loom Networkの取引ぺアを見てみると、ビットコインとイーサリアムが全体の取引量のほぼ全てを占めており、一部の取引所では韓国ウォンでの取引が採用されています。

Loom Networkを取引するためのオススメの取引所は以下の通りです。

  1. Binance
  2. KuCoin
  3. LATPKEN
  4. CoinEX

業界最大手のBinanceで取引すれば安心

Loom Networkの取引量を見てみると、業界最大手の取引所、Binanceが全体の90%以上を占めており、市場を独占しています。

Binanceで採用されているLoom Networkの取引通貨ペアは、ビットコインとイーサリアムで、どちらも通貨別で最大の流動性を維持しています。

Binanceは、中国系の取引所で世界最大の取引量を誇っており、取り扱いのアルトコイン数も多く、何と言っても多くのユーザー数を抱えていることが強みです。

日本でもBinanceの知名度は高く、多くのユーザーが利用しています。

セキュリティ面でも大手取引所なので、しっかりと細作が施されており、総合的に見てLoom Networkを取引するにはオススメな取引所と言えます。

Loom Network(LOOM)の将来性は?これから価格は上がる?

今現時点で、Loom Networkの将来性は高いことが予測されます。

その理由は、以下の3つです。

  1. リリースされたアプリが人気となる
  2. ゲーム業界の伸びが追い風となる可能性がある
  3. 続々と大手取引所に上場を決めている
ひとつずつ詳細を紹介していきます。

リリースされたアプリが人気となる

Loom Networkはスタートアップ段階で、複数アプリケーションをリリースしており既に話題となっています。

その中でも、DAppsの開発をゲーム感覚で学習するアプリケーションであるCryptpZombiesは人気で、13万人以上のユーザーベースを抱えています。

今後、プラットフォーム上で多くのアプリケーションがリリースされることが予測されるだけに、スタートアップ段階におけるアプリリリースでの成功は、プロジェクトにとっても好影響であったと考えられます。

ゲーム業界の伸びが追い風となる可能性がある

Loom Networkは、アプリケーションの中でも、ゲームアプリケーションの開発に力を入れており、大規模なオンラインゲームやソーシャルゲームのリリースに期待がかかっています。

特にオンラインゲームは、市場も世界的に拡大を見せており、仮想通貨の利用とも相性が良いのでLoom Networkにとっては大きなプラスの要因となります。

続々と大手取引所に上場を決めている

Loom Networkは、上記でオススメな取引所として紹介したBinanceに加えて、同じ中国系の大手取引所として知られるKuCoinにも上場されています。

仮想通貨の公開から日が浅いにも関わらず、次々と大手取引所や小中規模の取引所への上場を決めており、世界中の市場への流通網を確保しています。

今後も取引所への上場が期待され、さらなる需要拡大が予測されます。

Loom Network(LOOM)とはどんなコイン?

ゲームやアプリ開発運用のためのDAppsプラットフォーム

Loom Networkは、DAppsと呼ばれる分散型アプリケーションを開発、運用するためのプラットフォームを目指しています。

DAppsは、サーバーダウンやハッキングなどのリスクが少なく新しいアプリケーション運用の形として開発が進められています。

そのことは、方針として公式ホームページでも大々的に掲げられています。

仮想通貨をサブスクリプションや課金という形で活用できる

Loom Networkは、トークンとしてLOOMを発行して、プラットフォーム上での様々な利用を促しています。

ゲームアプリケーションでは、サブスクリプション形式での利用料を支払ったり、課金したりと仮想通貨を利用する仕組みを構築しています。

時価総額と発行上限数

Loom Networkの時価総額は、2018年6月時点、日本円で190億円に達しており、l仮想通貨市場全体では82位に位置しています。

この仮想通貨の発行上限通貨数は、10億通貨となっています。

Loom Network(LOOM)の良い点

DAppChainsを活用することでアプリケーション環境を改善する

DAppsはブロックチェーン上で動作するアプリケーションで、旧来の技術ではメインチェーンで情報処理がなされており、スケーラビリティ問題の要因にもなっていました。

しかし、Loom NetworkのDAppsはDAppChainsと呼ばれるメインチェーンとは切り離されたサイドチェーンで実行されるため、メインチェーンには負荷がかからない設計になっています。

尚且つ、DAppChainsはメインチェーンと連携しており、資金移動などがあれば、相互作用してその記録を台帳に保管することができるのです。

ERC20のトークン規格で開発された仮想通貨である

Loom Networkは、イーサリアムのトークン規格であるERC20の規格の基に開発されたプラットフォームです。

ERC20は、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用できるだけではなく、対応ウォレットも豊富にあるというメリットもあります。

Plasmaの実装によりより高速なトランザクションが実現する

Plasmaとは、サイドチェーン上で1秒間に数十億回のトランザクションを実行するためのフレームワークです。

Loom Netwrokは、このPlasmaの実装が噂されており、実装されればDAppsプラットフォームとしての大幅な性能向上が考えられます。

Loom Networkでは、大規模なオンラインゲームやグラフィックの容量が大きいゲームなどの運用が望まれるだけに効果的なソリューションとなることが予測されます。

開発者に使いやすいプラットフォームとなる

Loom Networkは、DAppsプラットフォームとして最適な開発環境を提供しようとSDKを2018年に入りリリースしています。

SDKは、Software Development Kitの略称で開発者がアプリケーションを開発する際の便利な開発ツールとしての機能を有しています。

Loom Networkは、4月にテスト版がリリースされましたが、6月中にはベータ版の公開が予定されています。

Loom Network(LOOM)の悪い点

ホワイトペーパーが存在しないため技術的詳細がわからない

Loom Networkは、DAppsプラットフォームとしての大きな方向性は大衆に示しているものの、公式ホームページなどでもホワイトペーパーなどで技術仕様の詳細などは公開していません。

ブロックチェーンプロジェクトや仮想通貨の投資家は、こういった技術的な新規性やアイディアなどを参考に投資を検討するので、こういった詳細が公開されていない点で懸念が残ります。

Loom Networkの公式ホームページは、まだアップデート中なのかもしれませんが、非常に簡素な印象を受けます。

今後の投資判断の呼び水としてもホワイトペーパーの公開が望まれます。

まとめ

Loom Networkは、DAppsプラットフォームとしてアプリケーションの開発、運用の新しい形を目指す仮想通貨プロジェクトです。

Loom Networkは、サイドチェーンを最大限利用する形で、Plasmaなどの革命的な技術を取り入れようとしており、将来性にも期待できます。

もし、Loom Networkに興味があり、投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心に検討してみることをオススメします。