Byteball Bytes(GBYTE)の価格は上がる?今後の将来性と購入できる取引所・販売所

アルトコイン

仮想通貨に広く利用されるブロックチェーンは直線的な道筋でブロックをつないでいく形状ですが、今では技術が多様化し複雑な網状のチェーンを利用したものも存在します。

Byteball Bytesも、その変わった形状のチェーンを利用して新しいシステムを構築するプロジェクトで市場から注目されています。

今回は、そんなByteball Bytesを取引するためのオススメな取引所と将来性、通貨としての特徴をまとめて紹介していきます。

Byteball Bytesを購入するならどの【取引所・販売所】が良い?

Byteball Bytesは、日本国内でも、世界的に見てもあまり知名度は高いとは言い難い仮想通貨プロジェクトだと言えます。

今現時点で、正式に取り扱いを行なっている取引所は3つしかなく、全て海外の取引所になっています。

取引ペアを見てみると、その多様性はほとんどなく、取引量のほぼ全てをビットコインによる取引が占めていることがわかります。

Byteball Bytesを取り扱っているその3つの取引所には、幸いなことに大手と呼ばれる取引所も存在しているので選択肢がないわけではありません。

Byteball Bytesの取り合いを行なっているのは以下の通りです。

  1. Bittrex
  2. Upbit
  3. Cryptopia

Bittrexでの取引が総合的に優れている

Byteball Bytesの取り扱いがある取引所の中で、世界的大手取引所と呼べるのは、BittrexとUpbitでしょう。

市場の取引量のシェアを見てみても、Byteball Bytesに関して言えばこの2つでほぼ100%を占めています。

これらのBittrexをオススメする理由は、取引所として総合的に優れているためです。

Bittrexは、仮想通貨先進国であるアメリカに本社を置く企業が運営する信頼性の高い取引所で、世界中のユーザーから利用されています。

アルトコインの取り扱いとセキュリティファーストの運営方針で人気となっており、多くの日本人ユーザーも利用する取引所です。

Byteball Bytes(GBYTE)の将来性は?これから価格は上がる?

現時点では、Byteball Bytesの将来性は高い事が予想されます。

その理由は以下の3つです。

  1. Byteball Bytesのミートアップイベントが開催されている
  2. JUMIOとの提携によりKYC対応ウォレットを開始した
  3. キャッシュバックプログラムの実施による決済通貨としての普及に期待
詳細をひとつずつ紹介していきたいと思います。

Byteball Bytesのミートアップイベントが開催されている

仮想通貨プロジェクトにとってコミュニティによる支持やサポートは重要なものですが、Byteball Bytesはミートアップイベントを開催することでコミュニティとの関係を構築しています。

ミートアップは、世界的で利用されている自由にイベントを開催できるアプリケーションです。

Byteball Bytesはそのプラットフォーム上で日本やイタリアなどでイベントを催して、マーケティング活動の一環として市場への浸透を促しています。

JUMIOとの提携によりKYC対応ウォレットを開始した

KYCとは、Know Your Customerの略称で、銀行口座を開設する際に求められる書類手続きです。

仮想通貨のウォレット利用にもKYCが必要で、Byteball Bytesは承認サービスとして広く知られているJUMIOという企業と提携し、独自ウォレットのKYC対応を可能としています。

仮想通貨ウォレットがKYC対応することで、ゆくゆくは広い金融商品を取り扱うことができるようになったり、既存の金融に近いサービスなどを提供できるようになります。

このことからByteball Bytesの利便性が高まることに期待されます。

キャッシュバックプログラムの実施による決済通貨としての普及に期待

仮想通貨は、今のところその値動きの激しさから投機目的での購入が目立っており、本来の通貨としての役割である決済機能としてはイマイチ普及し切れていない印象です。

その状況を打開するためにByteball Bytesは、小売店向けのキャッシュバックプログラムを実施しています。

このキャッシュバックプログラムは、Byteball Bytesによる支払額の最大20%をユーザーへ還元するようになっています。

Byteball Bytesのキャッシュバックプログラムは2017年の9月から継続されており、今後もユーザーベースの拡大に期待できます。

Byteball Bytes(GBYTE)とはどんなコイン?

DAGを採用した次世代の仮想通貨

多くの仮想通貨では、直線的な形状を持つブロックチェーンが採用されていますが、Byteball Bytesでは、DAG(Directed Acyclic Graph)と呼ばれる網の目上のチェーンを採用しています。

このDAGは比較的新しい技術で、通常のブロックチェーンに比べて効率良い取引承認を行うことができるのです。

マイニング報酬が発生しないシステム

DAGでは、マイナーが存在せず、取引の当事者が承認を行います。

そのため、マイニング報酬が発生せず比較的安価な送金手段として利用することができるのです。

時価総額と発行上限数

Byteball Bytesの時価総額は2018年5月現在、日本円で110億円を記録しており、仮想通貨市場全体では125位に位置しています。

この通貨の発行上限通貨数は、100万通貨となっています。

Byteball Bytes(GBYTE)の良い点

スケーラビリティ問題を苦にしない仮想通貨

通常のマイニングによる取引承認を採用している仮想通貨は取引量が多くなればなるほど、送金詰まりや送金遅延といったスケーラビリティ問題を抱えることになります。

一方、Byteball BytesのようなDAGを採用する仮想通貨は、取引の当事者同士が承認をし合うようになっているため、取引量が多くなればそれに準じてチェーンの処理能力も向上します。

このことからDAGは、スケーラビリティ問題の解決策のひとつとして考えられているのです。

Witnessが取引の公平性を維持する仕組みを持っている

DAGには、マイナーが存在しない代わりにWitnessという取引の監視役になる特別なノードが存在します。

Byteball Bytesの場合、12の特別なノードがWitnessとして働くこととなっており、そのノードはユーザーによる投票によって決められます。

Witnessは、DAGチェーンの公平性を維持する代わりに、仮想通貨の報酬を手にすることができるのです。

Textcoinの実装で仮想通貨が手軽に送金できるようになった

Textcoinは、GmailなどのメールアプリケーションやLineやFacebook Messengerなどのアプリケーション上で仮想通貨を送金する仕組みです。

Byteball Bytesは、このTextcoinを2017年12月にリリースをしており、取引所やウォレットといった既存のシステムよりわかりやすいインターフェイスで利用することができるので、多くの人が利用することが想定されています。

スマートコントラクトを軸にした様々なサービスを展開

Byteball Bytesには、スマートコントラクトが実装されており、それを軸とした様々な機能がローンチされています。

例えば、保険やベッティングサービス、AIと仮想通貨を融合したチャットボット、市場予測、間違って送金するミスを防ぐ条件付き決済などが存在します。

Byteball Bytes(GBYTE)の悪い点

どのような脆弱性が潜んでいるかの検証が必要となる

通常のブロックチェーンであれば、サンプル数も豊富にあり、運用実績やテストなどからある程度の強度のセキュリティがあることが証明されています。

しかし、DAGは新しい試みで、まだ運用実績が十分にあるとは言えません。

一部コミュニティでは、どのようなリスクが潜んでいるのかまだわからないためハッキングなどの不正などへの耐性を不安視されています。

中央集権的な仮想通貨と言われている

Byteball Bytesは、DAGのWitnessによるチェーンの管理を採用しているため、不特定多数の自治ではなく特定のノードによる自治を行なっているということになります。

Witnessのノードは間接民主主義のように投票によって決めるので、公平性がないというわけではありませんが、Witness同士が結託したり、悪意を持ったWitnessが過半数以上存在することになれば、不正取引が横行しそのシステムは維持できなくなってしまいます。

まとめ

Byteball Bytesは、DAGを採用した次世代の仮想通貨システムとして期待されています。

Textcoinやスマートコントラクトを軸とした機能を多くを兼ね備えており、多様な活用方法が想定されます。

もし、Byteball Bytesに興味があり、投資を考えているのであれば、今回紹介した情報を中心にじっくり検討してみることをオススメします。